投稿者「Butt」のアーカイブ

朝型?昼型?夜型?集中力アップの時間帯の活用で仕事の効率アップせよ

人にはそれぞれ集中力がアップする「コア・タイム」と呼ばれる時間帯があります。
この「コア・タイム」にはそれぞれの生活習慣によって決まる心理的なパターンと、体質的に決まっているパターンと2種類あります。
生活習慣による「こあ・タイム¥はひとそれぞれですが、多くの方が体質的に持っている「コア・タイム」があります。
それはずばり朝の7時是のです。
多くの成功者に朝型人間がとても多いのはこの理由からかもしれません。

その理由もいくつかあります。
それは朝に心身を活発化させるホルモンの分泌量が多いからです。
この心身を活発化させるホルモンい
・アドレナリン
・コルチコイド
などがあります。
これらのホルモンの分泌量のピークが朝の7時前後なのです。
もしかしたらこれは原始の時代から人間は朝に活動をしていた名残かもしれません。

しかし、朝はどうしても苦手という方もたくさんいます。
そんな方の「コア・タイム」は朝11時か午後3時の時間です。
しかし、これには大きな障害があります。
朝食で摂った食事から脳波部同t朗を補給しますが、そのピークは食後1時間後ぐらいです。
それから徐々に夏侯威選を描いていきます。
朝型ならば午前6時に朝食と摂って、7時からの「コア・タイム」に備えることができます威。
しかし、午前11時が「コア・タイム」のい人なら五井前10時に
午後3時が「コア・タイム」の方なら午後2時に食事を摂らなければなりません。
こんな中途半端な時間に食事を摂るのもなかなか難しいものです。

フリーランスならまだ可能ですが、普通のサラリーマンがそんな中途半端な時間に食事を摂ろうとしたらまわりからヒンシュクをかいかねません。

それから考えれば、朝の「コア・タイム」である午前7時にピーク迎えるように生活スタイルを整えていくのが一番効率が良いと言えます。

あなたの周りを見渡せば、多くのせいうk0王者が朝方なのは「まぎれもない事実なはずです。
今からでも決して遅くはありません。
真似て朝7時の「コア・タイム」の活用を試してみてください。
トケマッチ 評判

男が嫌う「重い女」のワースト2パターンはコレ

男は重たい女が苦手です。
特に男性が嫌う「重たい女」と感じるパターンは次の2つです。
①しつこいくらい口やかましい
②とにかく男性を責めることが多い

ただし、これらが恋愛の初期にはあまり当てはまりません。
恋愛初期なら男性も「これも惚れられている証拠と感じるからです。
しかし、交際期間も長くなっていわゆる倦怠期に突入してしまったカップルでは違います。

男性に「重い」と感じさせる女性ほど喧嘩が絶えないものです。
もちちろん、それは「彼氏が好きだから」こその感情が引き起こす行動でもあります。
しかし、その感情には
「嫉妬」
「悲観」
「自己中心」
など悪い感情が多いのです。
その結果、彼氏と喧嘩になりやすいのです。

例えば「l誰氏を責める女」の場合仕事が忙しくてなかなか会う時間が作れない彼氏に対して
「どうして会えないの!
 仕事と私 どっちが大切なの!」
と不満をぶつける女性です。
つい彼氏も
「仕事が忙しいんだから仕方ないだろ!」
「どっちが大事なんて言えないだろ!」
と逆切れしてしまいます。

とかく女性の感情を男には理解できません。
彼氏のことが好きだからこそ
そんな女子絵の気持ちが男性にはわからないのです。
ですから
「自分を責める重い女」
という風になるのです。

ぁレ氏と彼女の交際期間が長くなってくると「恋人」というよりも「身内」という感覚のほうが大きくなってきます。
そうするとその言動にも遠慮が無くなってきます。
ついついストレートに感情をぶつけてしまいがちです。

しかし年齢を重ねれば重ねるほど新しい恋愛はむずあk市くなります。
また若い感受性の高い時間を共に過ごしたという経験はその後の結婚生活でも大きな財産になります。
若い時代だからこそ同じ価値観を作り出せるのです。

歳をとってからの恋愛では自分を変えることはできません。
だからこそ変に「重い女」と誤解されて別れることにはなって欲しくないのです。
ある程度の交際期間が長くなってからだからこそ、ある程度の距離を彼氏と彼女が持つことも長続きの秘訣です。
電話占い どうなの