ビタミンCは種類が豊富

ビタミンCは非常に強力なスキンケア成分ですが、その形態は実にさまざまです。アスコルビン酸、リン酸アスコルビルマグネシウム、リン酸アスコルビルナトリウム…、ここではアスコルビン酸 (AA)について解説しています。

ビタミンCの種類をご紹介する前に、なぜビタミンCが私たちの肌に良いのか、その理由を見てみましょう。

ビタミンCのスキンケア効果

ビタミンCはコラーゲンの合成を促進します
年齢を重ねるにつれ、肌のコラーゲンは破壊され始め、生成レベルが低下していきます。
ビタミンCは紫外線によるダメージから肌を守り、ケアしてくれます。日焼け止めの代わりにはなりませんが、ビタミンCは紫外線によるフリーラジカルから肌を守り、日焼けによるダメージを回復させることができます。

ビタミンCはメラニンの生成を抑え、色素沈着やくすみを軽減します。他のブライトニング成分と組み合わせると、さらに効果的です

ビタミンCには抗炎症作用があります
炎症のプロセスを開始するタンパク質複合体を阻害し、ニキビを治し、炎症後の色素沈着を防ぐのに最適です。

ビタミンCは健康的な皮膚バリアを促進します
ある研究では、ビタミンCのレベルが増加すると、セラミドのレベルも増加することが判明しました。
あなたのスキンケアの悩みを挙げれば、ビタミンCはほとんどその悩みを解決してくれるはずです。
今問題なのは、ビタミンCの様々な形態の違いは何なのか、また、1つは他のものより優れているのか、ということです。

最も有名なビタミンCがアスコルビン酸 (AA)

アスコルビン酸 (AA)
最もよく研究されたビタミンCの形態で、最も強力なものです。他のビタミンCは、その効果を得るために、しばしば最初にアスコルビン酸に変換される必要があります。注意すべき点がいくつかあります。

アスコルビン酸 (AA)は不安定です。空気、光、熱にさらされると、AAは酸化を開始する原因となります。ビタミンEとフェルラ酸を加えることで、AAを安定させることができますし、不透明で密閉できる容器を使用することもできます。AAを使用する際は、フォーミュラとパッケージが重要です。
水溶性で、肌に最適に浸透させるために低いpH3.5未満が必要です。
低pH処方のため刺激を感じることがあり、乾燥肌や敏感肌の方にはあまり適していません。
その効力は、5%から始まり、最大20%までの濃度です。それ以上の濃度は、より良い結果をもたらさないでしょう。

ビタミンC配合の美容液はあまり見かけませんが、よくできた製品に配合されていると、ちゃんと美白効果が感じられるはずです。ビタミンCを主成分とするよりも、補助的な成分として使用できる商品がおすすめです。

nurセラム 最安値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です