座ったら動きは最小限にして姿勢は崩さない

姿勢は立っている時には気を付けるものですが、意外と座っている時の姿勢はみんなあまり気に留めません。
「姿勢を正しンま載」と言われても経っている時は背筋をピンと伸ばしますが、スj割ったと単位テーブルに肘をつき、前かがみになって姿勢が崩れてしまいます。
また、視線を絶え間なく動かしたり、髪をかき上げたり、薫田氏をブラブラさせてみたり・・・
余分な動きは座っている時によくするものなのです。
ところが、この座っている時の動きは自分ではあまり自覚がないのです。
だからこそ、座っている時の姿勢や動きは意識的に行うことが大切です。
座っている時にはまず、両膝を揃えます。
足をつい癖で組んでしまう人も多いですが、それはやめるようにきをつけましょう。
体重がかかる左右のバランスも崩れますし、背骨も歪んでしまいます。
まして仕事のさいちゅなら、できるだけ背筋はしゃきっと伸ばしておくように心がけましょう。
なぜなら座っている時の姿勢は、自分よりも第三者のほうが目に付くからです。
あなたにその自覚は無くても、第三者からすれば(特に上司)だらけた姿勢で座っているだけで仕事をサボっているように見えるからです。
左右両足の踵はしっかりと床につけ、前かがみにならないように気を付けましょう。

座っている姿勢がきれいな人は、それだけで仕事に頑張っているという印象をまわりに与えます。
畳に座る文化の日本とは異なり、椅子に座る文化の欧米では特に座っている姿勢のマナーがうるさいのをご存知ですか?
もはや生活スタイルが欧米とほぼ同じの日本ですから、これからはどんどん椅子に座っている時のマナーにもいこだわらなければなりません。

また、椅子に座っているとついつい変な動きが出がちです。
座ったら無駄な動きはしない。
日頃からそんな訓練をしておかないと、いつまでたっても綺麗な姿勢で座り続けることはできないのです。
できれば子おdもの時から躾のひとつとして身に着けておきたいものです。
マットレス 腰痛 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です