子供の防犯とトイレ

毎日毎日、悪いニュースばかりですね。わたしはヤフーニュースがメインですが、地方紙に目を通せば、もっと身近で起きている怖いニュースを目にすることもあります。特に気になるのが子供が被害に遭うケースです。毎年夏休みには増える傾向にあります。

凶悪犯罪が後を絶たない現在、子供を守るために何ができるでしょうか。まずは子供に危険な場所を教えておくことが大切です。危険な場所とは、薄暗い場所、ひとけのない場所、密室になる場所などですね。

この条件がすべて当てはまる場所にトイレが挙げられます。トイレは世界的にみても犯罪の多い場所で、防犯のために公衆トイレを設置しない国もあるほどです。でも日本では、駅、公園、ショッピングセンター、レジャー施設など、どこにでもトイレが設置されています。

トイレは密室になりやすく、助けを求めにくい場所です。ショッピングセンターやレジャー施設は人が多いので安全な場所のようにも思われますが、不特定多数の人が出入りできる場所であるという点では不審者が紛れやすい場所です。わたしも見たことがあります。ドラッグストアの店外に設置されているトイレでした。

またトイレは、建物の隅や見えにくい場所にあることが多いですよね。ですから犯罪に適した場所と言えるのです。日本でも子供が公衆トイレに連れ込まれて起きる犯罪が多発しています。連れ去り、わいせつ行為、恐喝などが多いようです。

小学生になれば外出先でも一人でトイレに行けるようになりますが、犯罪者は子供が一人になる隙を狙うことを忘れてはいけません。保護者は必ずトイレへ一緒について行きましょう。そして個室の前で待っていてあげてください。

子供だけでいる時には友達と一緒にトイレに行くようにして、決して一人では行かないことを約束させましょう。汚いトイレや落書きの多いトイレは管理が行き届いていない証拠ですから、薄暗いトイレや人気のない場所のトイレも避けるように教えましょう。
ディマーニ 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です