肌タイプに合わせた最適な保湿剤の選び方とは?

自分の肌タイプを見極めるには?

1. あぶらとり紙法

あぶらとり紙を手に取り、顔にやさしくパッティングします。明るい光に当ててみてください。油分がほとんど見られない場合は、乾燥肌である可能性が高いです。Tゾーンの油分を含んでいる場合は、混合肌または普通肌の方です。顔のすべての部分の油を拾う場合は、オイリースキンの可能性が高いです。

2. 素顔でチェックする方法

マイルドな洗顔料で肌を洗い、やさしく水気を拭き取ります。30分ほど放置し、頬、鼻、額などにテカリがないかチェックします。さらに30分後、顔を動かしたときや笑ったときに、肌がパサついて見えるかどうかをチェックします。肌がつっぱる場合は乾燥肌、鼻や額にテカリがある場合は混合肌の可能性があります。頬、鼻、額がテカって見える場合は、オイリー肌の方です。

他のスキンケア製品と同じように、保湿剤も常に自分の肌タイプに合ったものを使用し、肌の悩みに対応する必要があります。自分の肌に合っていないものを使うと、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。ここでは、肌タイプに合わせた選び方をご紹介します。

1. 乾燥肌の方

乾燥肌の方は、クリームタイプやオイルタイプ、ミルクタイプのリッチな保湿剤を選ぶとよいでしょう。保湿力が高く、栄養価の高い成分が配合されているものがよいでしょう。

2. オイリー肌

オイリー肌の人は、ノンコメドジェニックで軽いモイスチャライザーを選ぶとよいでしょう。このような肌タイプには、水とゲルベースの製剤が最適です。

3. 普通肌または混合肌

混合肌または普通肌の人は、重すぎず、油っぽすぎず、水っぽすぎない保湿剤の恩恵を最も受けることができます。軽~中量保湿剤をお勧めします。

4. 敏感肌

敏感肌(ニキビ肌、乾燥肌)には、アロエベラのような鎮静作用と美肌効果のある成分を配合した、マイルドでバリアを修復する保湿剤が効果的でしょう。刺激の強い成分、化学物質、人工香料、染料が配合された製品は避けなければなりません。肌に優しい、毛穴を詰まらせない低刺激の保湿剤を常に選ぶようにしましょう。

天然保湿剤とその他の保湿剤の違いは何ですか?

天然保湿剤は、通常、台所にある天然成分を含んでおり、局所的に適用すると、肌の水分や栄養を保つのに役立ちます。これらの成分には、ハチミツ、ココナッツオイル、アロエベラ、オリーブオイル、シアバター、アーモンドオイル、ホホバオイル、ヒマワリ種子オイル、アルガンオイルなどが含まれます。

モイスチャライザーの使い方は?

保湿剤は、肌の乾燥を防ぐため、常に洗顔した顔に塗る必要があります。つまり、朝と夜、洗顔料で顔を洗った後に、モイスチャライザーを使用するのがよいでしょう。さらに、少し湿った肌に保湿剤を使用すると、水分を閉じ込めるので、効果が高まります。

アミノリセ トライアルセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です