男が嫌う「重い女」のワースト2パターンはコレ

男は重たい女が苦手です。
特に男性が嫌う「重たい女」と感じるパターンは次の2つです。
①しつこいくらい口やかましい
②とにかく男性を責めることが多い

ただし、これらが恋愛の初期にはあまり当てはまりません。
恋愛初期なら男性も「これも惚れられている証拠と感じるからです。
しかし、交際期間も長くなっていわゆる倦怠期に突入してしまったカップルでは違います。

男性に「重い」と感じさせる女性ほど喧嘩が絶えないものです。
もちちろん、それは「彼氏が好きだから」こその感情が引き起こす行動でもあります。
しかし、その感情には
「嫉妬」
「悲観」
「自己中心」
など悪い感情が多いのです。
その結果、彼氏と喧嘩になりやすいのです。

例えば「l誰氏を責める女」の場合仕事が忙しくてなかなか会う時間が作れない彼氏に対して
「どうして会えないの!
 仕事と私 どっちが大切なの!」
と不満をぶつける女性です。
つい彼氏も
「仕事が忙しいんだから仕方ないだろ!」
「どっちが大事なんて言えないだろ!」
と逆切れしてしまいます。

とかく女性の感情を男には理解できません。
彼氏のことが好きだからこそ
そんな女子絵の気持ちが男性にはわからないのです。
ですから
「自分を責める重い女」
という風になるのです。

ぁレ氏と彼女の交際期間が長くなってくると「恋人」というよりも「身内」という感覚のほうが大きくなってきます。
そうするとその言動にも遠慮が無くなってきます。
ついついストレートに感情をぶつけてしまいがちです。

しかし年齢を重ねれば重ねるほど新しい恋愛はむずあk市くなります。
また若い感受性の高い時間を共に過ごしたという経験はその後の結婚生活でも大きな財産になります。
若い時代だからこそ同じ価値観を作り出せるのです。

歳をとってからの恋愛では自分を変えることはできません。
だからこそ変に「重い女」と誤解されて別れることにはなって欲しくないのです。
ある程度の交際期間が長くなってからだからこそ、ある程度の距離を彼氏と彼女が持つことも長続きの秘訣です。
電話占い どうなの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です