獣医師という仕事について

かなり昔のことですが
獣医師の漫画を読んでいた時期がありました。

確かなにかの連載漫画だったと思うのですが
おもしろくてハマってしまいました。

獣医師になればよかったと思ったくらいです。

ということで、今日は獣医師という職業の内容を
ご紹介しようと思います。

一般的に知られているのは
犬や猫などの小動物の病院の先生ですね。

病気の診断や治療を行うのは小動物臨床分野です。

牛や馬などの家畜に関する医療行為は
農林水産分野です。

食料品となる牛肉や豚肉などの
食品としての安全性を調べるのは公衆衛生分野です。

野生動物に関することも獣医師の仕事です。

かなり多岐にわたります。
獣医師っていろんな勉強が必要な職業なんですね。

子どもが獣医師になりたいと言う時には
どのような仕事をイメージしているのでしょうか。

やはり犬や猫のお医者さんとしか考えないでしょうね。
わたしもそうでした。

獣医師になるためにはどのような手順を踏むのでしょうか。
獣医学科がある大学で6年間勉強しなければなりません。

卒業しても獣医師国家試験に受からなければ
獣医師にはなれません。

試験にパスしてやっと獣医師の免許を手にできるのです。

お医者さんですから大変なのはあたりまえですが
人間の医師と違うので軽く考えている人もいるようです。

とはいえ、獣医師の国家試験はそれほど難しくないそうです。
合格率は85%程度なのです。

大学で学んだことをきちんと理解して
試験対策を怠らないようにしておけば大丈夫っぽいですね。

実際に仕事に就くためには自分がどの分野に進みたいのかを
明確にする必要があります。

そしてそこに求人があることも大事ですね。

獣医師に限ったことではありませんが
希望した職業に就ける人はほんの一握りの人だけです。

努力して自分の進む道を切り開くことが大切なのです。

獣医師の漫画はとても面白かったのですが
獣医師という仕事は真剣な仕事です。

小さな命を守ってくれる獣医師に感謝しましょう。

※こちらの記事もどうぞ⇒ うさぎ スナッフル 治療費

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です